ラグジュアリーブランド求人に強い紹介会社

アパレル求人の中でもラグジュアリーブランド求人を優先して探している、という方向けに情報を掲載しています。

ラグジュアリーブランド 面接の服装は?

ラグジュアリーブランドの面接で悩むのが服装ですよね。一般的な企業の面接ではリクルートスーツを着て面接に臨めば良いですが、ラグジュアリーブランドの場合は気を遣うと思います。

アパレルブランドによっては、個性的なファッションの方が評価が高くなることもありますが、ラグジュアリーブランドはどうなのでしょうか。

基本的にそのブランドイメージに合った服装で臨めば良いでしょう。ベストなコーディネートとしては、面接を受けるブランドのアイテムを積極的に身につけることです。

しかしラグジュアリーブランドのアイテムって高いですよね。揃えるだけで数十万円、中には100万円近く掛かるかもしれません。そのような無理を行っても、面接で不採用になることもありますし、あくまでもブランドイメージに近い服装を心がけて下さい。

迷った時は黒系のジャケットにシャツを合わせたモード系を心がけると良いですね。

男性もリクルートスーツ以外が良いですね

男性の場合も、リクルートスーツ以外のスーツを選ぶ方が良いと思います。女性と同じように面接を受けるラグジュアリーブランドのスーツがベストですが、手が届かない場合はブランドコンセプトに近いスタイリングを行うと良いですね。

ネクタイやタイピン(女性ならアクセサリーやスカーフ)に関しては購入しやすいと思いますので、取り入れると良いでしょう。

服装のどこかに、そのラグジュアリーブランドのアイテムを着けることにより、自然に自己PRできるかもしれません。少なくとも、面接担当者の印象は良くなるのではないでしょうか。

ラグジュアリーブランドの面接は、国内ブランドよりも自己主張が好まれることが多いです。外資系高級ブランドなので、謙虚な姿勢で臨むよりも、面接の場でいかに自己PRできるか、その手段の一つとして服装を考えるようにしましょう。

履歴書・職務経歴書の書類審査をクリアした時点で、あなたの印象は悪くありません。ラグジュアリーブランドにもよりますが、面接の場は確認作業だけ、というケースもあるんですよね。

もちろん第一次面接、二次面接、三次面接と進む場合は別ですが、一度の面接で採用、不採用が決まる場合は確認作業で終わるかもしれません。

「面接の場はお互いの相性チェックの場所」くらいの気持ちで臨む方が、リラックスして面接に挑めるかもしれませんね。最低限の服装を守った上で、気軽な気持ちで受けると良いでしょう。