ラグジュアリーブランド求人に強い紹介会社

アパレル求人の中でもラグジュアリーブランド求人を優先して探している、という方向けに情報を掲載しています。

ラグジュアリーブランド勤務はお金がかかる?

ラグジュアリーブランドで働くのはお金がかかるのでしょうか?

イメージ的にはファストファッションやカジュアルブランドよりも、お金がかかる気がしますよね。

特に気になるのが自社ブランドの洋服購入でしょうか。

ラグジュアリーブランドのアイテムは高額ですから、給料の中からやりくりして購入して…となると、生活的に厳しいかもしれません。ラグジュアリーブランド、ハイブランドだからと言って、必ずしも高給与ではありませんので。

今までにラグジュアリーブランドで働いた経験があり、販売スキルを身に付けていれば、正社員採用後に高年収を得られるかもしれませんが、その場合も歩合給がほとんどでしょう。

大多数の方は、すぐに大きく稼げないと思いますし、さらに独り暮らしをしていれば、家賃と食費、光熱費で一杯一杯…という状況も考えられます。

その上で、自腹で自社ブランドの洋服を購入すれば…収支がマイナスになることもあるんですよね。

では、ラグジュアリーブランドは本当にお金がかかるのでしょうか?

たとえば高級ブランド以外の若者向けブランドの場合、月平均で3~5万円かけているそうです。社内割があっても、月に3~5万円はきついかもしれませんね。

ラグジュアリーブランドの場合、制服が支給されることが多いようです。その辺りはラグジュアリーブランドによって異なりますので、中には自腹で購入するブランドもあります。

ただし出社するたび、違う洋服で働くラグジュアリーブランドは少ないと思われます。フルコーデで着ていたとしても、同じ格好が多いのではないでしょうか。

そのため、もし自腹で買う必要があっても、初回の出費で済むケースが多いですね

洋服以外の出費について

ショップ店員として働くには、洋服以外にもお金が掛かりますね。

ラグジュアリーブランドに限りませんが、アパレル販売員はお客さんから見られる仕事です。他の販売職よりも、お客さんの目線を意識しなければなりませんので、ヘアスタイルやネイルにも気を遣う必要があるでしょう。

元々ファッションが好きな方は、日頃からお金を掛けていると思いますが、ラグジュアリーブランドは特にイメージを大切にしていますので、お客さんの印象に合ったファッションを心がけると良いですね。

他にも、自社ブランドが掲載されているファッション雑誌を購入する必要があります。友人のファッションアドバイザーは毎月購入していて、常に研究を欠かさないようにしていますね。

以上、ラグジュアリーブランドで働く際の出費についてお伝えしました。