ラグジュアリーブランド求人に強い紹介会社

アパレル求人の中でもラグジュアリーブランド求人を優先して探している、という方向けに情報を掲載しています。

ラグジュアリーブランドはスキル、教養が身に付く?

ラグジュアリーブランドと一般的なブランド企業は、様々な部分で異なります。

共通する部分もありますが、よりブランドイメージを大切にしているのがラグジュアリーブランドと言えるでしょう。

ハイクラスのお客さんと接する機会も多いので、接客態度、言葉遣い、姿勢や会話内容も高いレベルが求められますね。

日本人のお客さん以外にヨーロッパやアメリカ、近年は中国や韓国のお客さんも増えていますので、語学力も大切になります(立地場所やブランドにもよりますが)。

そのため、仕事を通じてスキル・教養が身に付くと同時に、ラグジュアリーブランドで働く前に、自分自身でレベルアップを計らなければなりません。その努力が無ければ、なかなかラグジュアリーブランドでは働けないのではないでしょうか。

最低限ラグジュアリーブランドで望まれるスキルを身に付けた後、実際に販売員として働くことで、さらに大きく成長できると思います。

中には顧客別に手紙を書いたり、電話を行うラグジュアリーブランドもあるようです。その際のマナーや言葉遣いは当然として、「おもてなしの心」を考える必要がありますね。

ラグジュアリーブランドの顧客はハイクラスの富裕層が多いので、日頃から丁寧な接客に慣れています。高級ブランド以外にも、セレブ御用達の高級レストランなど、最高級のサービスを受けている方も多いので、接客を超えた接遇が大切になるでしょう。

富裕層の顧客が多いのがラグジュアリーブランド

以前にラグジュアリーブランドの顧客と話したことがありますが、その方の趣味は日本舞踊でした。客層が一般的なショップと異なるケースが多いですし、お客さんに合ったラグジュアリーブランドの店員として、働きながら成長できると思います。

教養の部分で言えば、お客さんとバレエや観劇に行くこともあるようです。文化レベルの高い顧客が多いので、自社ラグジュアリーブランドの成り立ちや、ブランド発祥国の文化についても抑える必要があるでしょう。

富裕層は海外で買い物をする方も多いので、本国のラグジュアリーブランドを知っている可能性が高いです。そうなれば日本とヨーロッパの違いに敏感でしょうし、店員の姿勢や態度、言葉遣いに関しても、厳しくチェックしているかもしれませんね。

もちろん最初から、全てをパーフェクトに行うことは出来ませんので、まずはラグジュアリーブランド求人を探して、実際に就職してから、スキルと教養レベルを高める努力を行うと良いでしょう。

「ショップで囲まれている洋服によってセンスが変わる」と聞いたことがありますが、ラグジュアリーブランド、ハイブランドの洋服に囲まれながら仕事を続けることにより、審美眼やハイセンスな感覚が培われるのではないでしょうか。

ぜひラグジュアリーブランドでスキルアップして下さいね。